今日のチラシの裏@卵100円
自己を内省する事は自分を磨く一つの手段である……ということで。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人間って やさしいなあ!(ぅわ
サイフ帰ってキタキタ━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━!!!!!









はい、そうです。 大学内で落としました。 バカですorz
昨日家に帰ってから気づいたわけですが、正直生きた心地がしませんでした……(´・ω・`)



だってそうでしょ? 誰だってブルーになりますよ!!















中に現金8000円とか残高500円しかないキャッシュカードとか届いてから2週間経ってないクレジットカードとか各種量販店のポイントカードとかいろいろ入ってるんですからね!!orz




その上、印鑑とか鍵とかサイフに入れて一緒に持ち歩いてたので、いろいろ大変でした……orz












さて、スキミングされてたらどうしよう?
まあ、そもそも現金にすら手をつけられてないわけだし、その心配はなさそうな気がしますが……。
スポンサーサイト
大学でもクラスってあるもんなんですねえ
昨日のことになってしまいますが……クラス親睦会、通称クラコンに行ってまいりました。



ウチの大学、語学は普通にクラス分けされてるんです。
俺は高校でほんのちょっと触れる機会があったのをいいことにやめときゃいいのにドイツ語を取ってまして、昨日はそのドイツ語のクラスの連中との親睦会に行ってきた、というわけです。




でまあ、そんな日に限って知り合いにガンガン遭遇するわけで……。
昨日だけでも、
  ・サークルの先輩(学事センターの目の前で偶然遭遇)
  ・同じ高校から上がってきた友人(クラスの友人と合流して駅に向かう途中に遭遇)
  ・英語クラスの知人(なぜか微積分の講義が同じだった)
……とまあ、本来会うべきようなところとまったく関係ない場所でアポなしで3人と遭遇してしまう始末。
世界って狭いね。 つーか、別に間違いじゃないんだけど全員友達だと素で勘違いされたのはなんというか。 特に先輩までひっくるめて同級生の友人だと思われているのは……(´д`;)





飲み会親睦会自体はとても楽しかったですよ? ええ。
普段一番前の席にいるので誰がクラスメイトかぜんぜんわかりませんでしたが、今回のクラコンのおかげで顔と名前が一致しました。 友人も増えたし、よかったということにしよう。


[大学でもクラスってあるもんなんですねえ]の続きを読む
講義中にて
やっぱりいるんですよね。

















時間つぶしにラクガキしちゃう人。










いや、まあ俺も同類なんですが……
結構見られてるもんだから気を付けような!( ゚∀゚)
歴史的大発見キタコレ?
今までヒッタイトが起源と思われていた鋼の製法はさらに古いものだったようです。




なんでも、紀元前18cの遺跡から出土したようですが……このころはまだアッシリア王国すらギリギリ存在していなかったくらいの時代ですね。
これだけ古い時代から鋼があった、というのもなかなか面白いところ。 未だにメインで使われている金属はこのころはまだ青銅器だったと記憶していますし。



いったいどんな文明が使ったのか、早い究明を望みたいところです。

























そしてヒッタイトと聞いた瞬間AoEを思い出すあたり俺はもうダメなのかもしれない
ある意味調子に乗っているわけだが。
5月9日午前12時45分。


学校のPCにA Boneを投入。









5月9日午前12時53分。


学校のPCにSleipnirを投入。















いや、ほらやっぱり使いやすさって大事じゃないですか!(ぅわ
駄言
受験の時もこれで一回やらかしたことがあるのですが











今でもArchiveAchieveを見間違えます。































ごめんマジでネタがないのorz
乱暴に、思うことを書き連ねてみようか。
子供の数がまた過去最低を割ったそうだ。




この問題、非常に複雑な問題だなあと俺は常々思います。
子供を作るか作らないかについては、本来であれば完全に夫婦の意志に任されて然るべきところですからね。
自分たちのライフスタイルに併せて家族計画を立てていける……というのが、本来の理想の姿であろうと俺も思うんですが。
やっぱり、時代としてはそうもいかないようです。

子供一人に対して老人が二人以上。 前世紀末から叫ばれてきた少子高齢化の端たる情景が、早くも見えてきてしまったように思えます。
一体何故こんな事になったのか……答えは単純で、子供を持たないという選択肢を取る夫婦が増えたせいでしょう。
ここ数年の結婚数はほとんど横這いですから、子供を作ろうと考える夫婦の割合が同じであれば、出生率は理論上さほど上下しない筈ですし。

個人的には……この状況下でなお子供を作らないと考える夫婦の在り方というのも、無責任ではないかなとちょっと思ったりします。
これからの国の在り方というのを考えたときに、働き手が少なくなってしまうのは言うまでもなく大変な問題なんですから。
とはいえ、社会から子供を作ることを強要される、というのも、夫婦の考え方の自由という点からするとどうなのかなという気がしますし。



……そして思考は堂々巡りに入る、とorz





ところで
[乱暴に、思うことを書き連ねてみようか。]の続きを読む
copyright © 2005 今日のチラシの裏@卵100円 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。